割り切りの出会い

北千住に住んでいる人妻とセフレ関係の出会いを作った割り切り体験談をお話ししよう。

もともとは出会い系サイトのアダルト掲示板で、出会い系ナンパをしたのがきっかけ。

お相手は恋愛結婚して8年になるという33歳の人妻Mさん。

このMさん、普段は専業主婦として生活しているようだが、専業主婦でお小遣いが少ないため、割り切り(援交)でお金が欲しいと思って出会い系サイトのアダルト掲示板での条件付きの出会いを始めたとのこと。

また、もともと本人自体の性欲もかなり強いので、趣味と実益を兼ねての割り切り目的の出会い系サイト活動のようだ。

基本的に平日の自分が休みの日には日暮里で待ち合わせしてホテル街に行って、セックスしている。

また、会う度に色々なテクニックを仕入れているので、自分が休みでない平日は他の男に抱かれているだろう。とりあえず、毎週、必ずあってセックスする相手になっている。

3か月以上毎週会って、それこそあっている時間中は休憩もなくただひたすらセックスしているので、もうお互いの体を知り尽くしている関係になっている。とりあえず、Mさんの年齢が行って体の崩れが目立ち始める前までは抱きまくりたいと考えている。

平日の昼間、この時間帯は出会い系ナンパをしようと思っても、出会い系サイトの今スグ掲示板もさほど活況を呈していない。

平日の昼間に暇な女子大生や人妻が割り切りで書き込んでいるくらいだ。

その日も1時間以内に書き込んでいたのは33歳の人妻のお小遣い稼ぎの割り切りの出会いを求めている書き込みくらいのものだった。

正直自分は若い子大好きで、基本的には10代もしくは20代前半くらいまでしかアプローチしないのだが、今回はこの33歳の人妻を逃すと抱く女がいなくなる可能性があったので、メールを送ることにした。

「こんにちは。ホ別の15,000円ですね。それで大丈夫です。日暮里のどこで待ち合わせにしますか?」

といった形で出会いの条件を了承した旨のメールを送った。

「13時に日暮里駅の改札でお願いします」との返信が。

出会うまでにほとんど消費ポイントはかからなかった

日暮里の改札で待っているとMさんが登場しました。

さすが人妻。33歳の熟れたボディには抱きたくなる魅力が詰まっている。

二人で谷中の方まで歩いてホテルに入ることにした。

行く途中もずっとMさんがこんなセックスが好きだとか、今まではこんな男に抱かれたという話をしていたので、セックス好きなのは伝わった。

その後、ホテルではこれでもかというくらいMさんを抱いた。

自分はセックスには強い方なので、サービスタイムの時間中ずっと挿入しっぱなしだった。

人妻

Mさん、自分とのセックスを気に入ったようで定期的に会おうと向こうから行ってきた。

自分もMさんの熟れた体を抱くのがたまらなく良かったのでオッケーした。

その後、毎回平日が休みの日はMさんに連絡を入れて日暮里のホテルで愛し合っている。

初回以降はお金は払っていない。最近は毎回中出ししているので、もしかするとMさんが妊娠したら自分の子かもしれない(笑)

人妻には色々なパターンがあると思うが、今回のMさんのような性欲がたまっているタイプは完全にセックスの強さとテクニックが問題になってくる。いかに人妻のたまっている性欲を満たせるかがポイントになる。

・何回でもセックス出来ること

・セックスのテクニック

・体験したことない刺激的な性癖を教えこむ

旦那では満たせない性欲を満たしたい為に、出会い系の割り切りをしていたため、それを満足させるだけのセックスをする必要があるだろう。

人妻の性欲を満たせば簡単にセフレにも出来る事例です。